「一万年愛してる」を見る

20120104_love.jpg■原題:愛[イ尓]一萬年
■台湾上映日期:2010/8/6
■導演:北村豐晴
■演員:周渝民、加藤侑紀、王月、納豆、三村恭代、黄[金登]輝、李伯恩、陳杉、朱蕾安
■發行公司:吉光電影

台湾のポスターは正直ラブコメ風です。
加藤さんもブサイクになってます・・・(綺麗なのに)
アジアテイスト//プンスカ。

なのに日本HPは↓ラブコメのラの字もなく
なんだか切ないラブストーリーのような雰囲気になっております
20120104_vic.jpg

※DVDのパッケージは違ってましたけど・・(アマゾンなし)
リッツストア

私も、大昔に、この映画について記事を読んだことが
あったけど、そんなすっかり忘れてて、、
普通に見に行って、ああそうだラブコメだったと。

監督は、日本人とはいえ、台湾にずっと住んでいて
ドラマにも出ている北村さんなので・・・
日本映画っつーより、アジア映画でしたね。
日本と台湾と間かなぁー

北村さんといえば、「愛情合約」での
おじさん役が忘れられないです。
「ケンちゃんなー」と関西弁で話しかけるのがすごく良くて
あのドラマには必要な人でしたね!
と、、彼が長編 初監督!で台湾ではけっこうヒットしたようですが・・・

日本では12/19にDVDが発売されて、1週間のみ映画館で公開という・・・
そういう中で、舞台挨拶付で映画を見ることができてラッキーでした。

正直・・・価格は1000円でよいとおもいますっ
あと、出演者に思いいれがあるなら、もっと楽しいと思う。

でも、どうなんだろー仔仔のファンじゃない人が普通にみても楽しいのかなぁ~?
うーん、、香港ラブコメのようになんだか、思いっきりべたじゃなくて
ところどころ日本テイストぽい所があったりして、なかなかそこがなじめなかったのですよねぇ

でも、感想書いてたら、けっこう楽しんで見てたんだなーて思ったので
楽しい映画だと思います。

完全ネタバレ感想↓

なんか分からないけど、「台湾ビール」の会社に入った主人公の女子は
3ヵ月台湾へ語学研修に行く事になり、仔仔と知り合って
3ヵ月の期限付き恋愛をするというもの。

最初に、2年付き合った彼氏と別れて、もう長く付き合わないと誓う彼女と
3ヶ月続かない仔仔のエピソードが紹介。

次に、女子(みかんという役名)が、バンドとか演奏してるライブレストランで仔仔と出会う。

次に、偶然に会って・・・ラブラブになっていく。

3ヶ月前に、仔の誤解浮気で、みかんは出て行き、そして上海へ

ラストは・・・まぁ~ハッピーエンドです

↑大まかに書いたらほんとこの構成です
しまった!楽しそうじゃないですね。

確かに楽しそうじゃないのですが、ラブラブの時期のエピソードなんかが
付き合ってる男女のありがちの問題なんかとりあげてて
そのあたりが面白かったです。

なかなかラブラブにならないより、すぐにラブラブになっていちゃいちゃしてくれたので、それが良かったかな。

ただ、最初に出会いから、仔は大事なギターを折られたのに
次にあったときは、好きになっちゃってる雰囲気って
あれはなんでしょうか??

一目ぼれ???

最初のエピソードで長く続かない&惚れやすいっていうのが入ってたら
もっと良かったのになって思う。

壊されたギターを弁償させるために近づいたとか・・・

いかんいかん、韓国ドラマみすぎで、こういう細かいところまで
やってくれないと・・みたいになってるかな??(笑)

仔のファンだったら、とっても良い映画っていうのは
ラブコメっていうのもあるけど、なんとエ●キャラなんだよね(笑)

だらしなかったり(元に戻さない系)とかは、まーありがちなんだけど、
バスから手をだして風を感じながら、女性の胸の雰囲気を感じるって
胸妄想まで披露してましたね(笑)
「これはCカップだな」とか(笑)

あと、まーある日本語に反応しちゃっうとか(笑)

こういうエ●キャラって、スーメンバーで誰もやってなかったから
すごく新鮮だったなぁ~

そして電気消しては寝られなくて、甘えちゃう男の子だしねぇ~
もー見る側の妄想も満載ですよwwww

そしてちょっと抜けてたりしてね・・・

その点では、北村さんも仔から引き出してくれてありがとう!って
思いました。

仔の演技を久しぶりにみたけど、闘茶とかよりもずっと映画になれたというか落ち着いた感じでした。
間の取り方とか・・・やはり何度も書くけど、
数こなせなんだよなぁー

さっきも書いたけど
普通のカップルのありがちな問題を、乗り越えてラブラブになっていくという展開が、一般に受けたのかもだと思います。
「あるある」「そうだよね」・・・

相手をいかに許せるか・・というのも付き合っていくうちの
大きなことだと思うので。

いつの間にか、相手のようになっていたという最後の二人のエピソードも良かったかな。

あっだけど、最後・・・仔のバンドのライブで、
みかんが出てきて、舞台上で一緒に歌うのだけど、、、
お客さんもワーとなってたけど、、
なんで、ああいうシーンだと、ファンは寛容になるんでしょうかね??

本当なら、自分が応援してるボーカルの女が舞台にあがったら頭くるって!
「えーーーー」ってなるけど、そこで一言仔が紹介して、
みんなに何か言うっていうのがあれば良かったと思うのだけど
当然のように、舞台にあげて一緒にうたって
お客も楽しそうだった・・
(どうやら、仔のファンクラブの皆様だったらしい、←字幕に後援会の名前が・・)

そんな細かい所まで!って思うかもしれないけど、私はそう思ったんだよなぁー
ぜったい、あのバンドでライブにいくなら、仔のファンでしょ・・・てな感じなのに、、、、
ファン心理が分かってないというか、、なぁ~
ことなかれというか、、そこが最後きになった所でした。

他の出演者も、良かったかなぁー
みかんの加藤さんは、北京語が話せるようで・・・
でも、この女子の中国語ならうきっかけが、チャウ・シンチーで。
シンチー映画をみて、中国語学科へ行こうと思ったという。
うーん、、、

わざとかもしれないけど、
愛[イ尓]一萬年を歌っている アンディ・ラウさんとウーバイさんの名前も出てくる場面あり!
最初は、なんだ~この時代設定って思ったのですが、なるほど!って。

ちょっとした二人のエピソードをもりあげる脇役も楽しい人たちだったし、
(流星のつくしのお母さん役を久しぶりに見ましたwww)
あと、二人で住む家もすごくステキだったなぁ

DVDもうちょっと安かったら買ってもいいかな~
時折、みんなで見たい映画かも!(笑)


仔の歌う「一万年愛してる」は、なかなかでした。


映画『一万年愛してる』予告編

周渝民 - 愛?一萬年MV


ジェリさんもきっとこの映画みて、やってみたいって思っただろうな
でも、ジェリさんでは出来ないキャラクターなんだよね
何かを捨てないと、ジェリさんは(軽)エ●キャラ出来ない気がする・・・(笑)

※めんどくさい検索にひっかからないようにエ●にしてます。

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お返事遅くなってもうしわけございません!

>鍵コメントさま

こんばんは!
そしてはじめまして、、、
こんな、過疎ちゃってる拙いブログの感想を
読んでいただきまして、ありがとうございますっ

そしてコメント&共感まで!!!!
謝謝niでございます~♪

撮影状況のこと教えていただき、ありがとうございます。
あの場面では、ぜったいにボーカルの一言必要だったお思います!
ですよね~~

北村さんも、ふぁんしーの心分かってなかったのかー
それはそれでちょっと残念ですね。

舞台挨拶で私も監督来るかなと思ったのに
残念です。

ティーチイン的な事があったら、あの場面について聞いて見たいぐらいなのに。
あの歌を歌うと悪いことばかり起こっていたのに、それがなくなったという
素晴らしい場面だということも分かりますけど、、、

うーん・・・っっっ

しかし、やっぱり借り出されて・・・しかも強行だったとは、、
ほんと、「愛」がなくちゃ乗り越えられないですよね!!!

そういうファンシーの使い方は知ってるくせに、気持ちがわからんとは!
ちょっと「むッ」ってしちゃいますね(笑)

でも、ジェリさんファンとしては、仔のこのような作品選びで出演したり
チャレンジ精神羨ましくなりますよね。

ジェリさんもほんと何かを越えないと・・・韓国ドラマのばかりやってる場合じゃないですよね。
次回作の映画は、ちょっと期待なのですが・・・

ほんと、あまり更新できずでも遊びに来ていただいてるとは
ありがとうございます。

今年はもうちょっと更新していこう!と決めましたので・・・
どうぞよろしくお願いします。

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 明天会更好 天無絶人之路 all rights reserved.

プロフィール

chiko

  • Author:chiko
  • 独り言も独り言
    ・・・旅行大好き!応援してる明星中心に

    ※ブログ内文章画像の無断転載厳禁

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Twitte


LINK



sonywolkman

☆J&Y(jerry&you)☆
j&y
milkyway
sina
VANNESS
KEN
VIC
F4
F4



TONY







アースマラソン応援バナー



TOUR de France

リンク

このブログをリンクに追加する

LINK2





ブログ内検索