奈良・大和路の旅9/17


私はこの景色が見たくて、飛鳥へ行きたかったのです

9/17(金)
06:00  起床
07:00  朝ごはん
08:15  近鉄奈良駅集合
09:30頃 飛鳥駅~レンタサイクル
     高松塚古墳~鬼の雪隠(せっちん)、鬼の俎(まないた)~亀石~橘寺
11:30頃 お昼 石舞台古墳~棚田~かかしロード~飛鳥寺
15:50  飛鳥駅帰ってくる 
16:00 奈良駅へ向かう電車
16:50頃 近鉄奈良駅到着~お土産~お茶
18:30 釜飯 志津香 到着
20:00前 東大寺二月堂でやっている十七夜盆踊り&万燈明を見に行く
21:40 ホテル到着
00:00 就寝

20100917024.jpg
↑明日香サイクルの地図
※写真はクリックすると少し大きくなります

今日は昨日とはうってかわって、すごい晴天!!
まさにサイクリング日和だぁ~って、普段運動してないのに、1日太陽にあたって自転車大丈夫かなぁーとか思いつつ・・・そして日焼けはしたくない!と(それは無理なんだけど・・・)

朝ご飯もモリモリ食べて飛鳥へ向かいました。
20100917001.jpg
飛鳥駅! すごい晴天ですー

私たちが借りたのは、レンタサイクル古都
普通の自転車は1000円、マウンテンバイクが1300円!
しかし私たちが借りたのは、電動自転車!1500円なのでした。(1日の料金安い)

20100917009.jpg
電動自転車に乗った事がなかったので興味津々・・・のってみたら、普通にこぐと重いけど、電動スイッチをいれれば、スーイスイ!
誰かに後ろから押してもらってるような感じでした。
坂道も多かったので、本当に良かったです。

で最初に向かうは、高松塚古墳・・・・ていきなり道間違えちゃって・・・古墳の裏側?に来ちゃって、、、戻ったりしてました。
20100917003.jpg
素敵な道を走っていたら、そこは違っていた・・・がっくり(笑)

距離感と道の狭さとかそういうのが、全然分からなかったので、それが最初戸惑いましたね!
どこまで自転車で入っていいかも分からず、、、高松塚古墳まで歩いてしまったり、、(笑)

20100917004.jpg
↑近所の公園にある小山ではありません!ちゃんとした古墳です(笑)
綺麗な形をしてプリンのようでした!(笑)

実際はHPによると直径23m(下段)及び18m(上段)、高さ5mとのこと!下が23mですよ!
凄いですねーってここで改めて・・・てより、ガイド本忘れちゃって!
ちゃんと持っていけばよかったかなーってでも、暑かったからなぁー ほんとに。

20100917005.jpg
古墳から見えた風景・・・本当に綺麗だったー

次は地図を頼りに、鬼の雪隠と鬼の俎を見に・・・てどこだ!!!!てぐらい分かりません。
全然ココ!っていう標識ないし・・・ビックリするわー
(あったのかもしれないけど、、分からなかった)
ここかなーとか、人に聞いてようやくたどり着いて撮った写真がコレ
20100917006.jpg 20100917007.jpg
やはり仏様と違って・・・どういう風に感情を持っていったらよいか分からなかったです
さすが古い!ていうか、、なんか改めて、仏様より古い遺跡を見に来た実感というか、、、
(私、遺跡見てなかったなーって思いました)

ちゃんと調べると、そっかー鬼の雪隠は上部で滑り落ちたままの状態にしてあるから、
山の下にゴロンとしてたのか!!
て、石室だったんだね・・・うーんっっっ 
ちょっと最近ピラミッド系のお墓が恐いので、そっかぁ~逆にしらなくて良かったかも(笑)

て昔の人は、ここが街道で、霧が多くて休む場所にしてたそうで、俎で料理して、そして上部で用を足したとう伝説もあり、雪隠と言われて・・・て、私、恥ずかしいですけど、雪隠って、トイレの意味って理解してませんでした。
トイレ撮ってたんかい!・・・い・ま・さ・ら(笑)
しかし7世紀に作られたものがちゃんと残ってるのですから、ほんと凄いです!
つか、その壊しちゃったあとの使い方が伝説とはいえ、問題???では??てそんな昔の人なんて、
ああ~いい隠れ場な石としか思ってなかったのか・・・

ぐるりーと聖徳中学校の前を通り亀石
20100917008.jpg
ここは、触れたりできます! さすがに上がったりはできませんけど、ほんと畑のトコに、ポツーンって置いてあるんですね!
驚きました!!!
色々伝説があるようですが、しかし亀なのか?カエルなのか?ってもねぇ~
顔がちゃんとあるのが、すごいなーって思いました。
M小姐の「亀に見えない」の衝撃的な一言に、笑いましたが、分からなくもないです

しかし近所に亀石の形をかたどったみやげ物屋とかあるのかと思えば、ありません・・・
お野菜売ってました。
「お金払ってください」って書いてありました・・
あ~写真撮ってこればよかった。
土日などお休みの日は、お店とか出るのでしょうか??
亀石で商売はしないのかなー・・・
でも根付とかあったら、買ってしまいそうな自分がいるのですが・・・www

そして私、暑くて勝手に、隣にあった自動販売機の中から買ったのがコレ
20100917010.jpg
うわっ関東でお目にかかったことなし!・・・あるかな?
近所で見たことないのですが、いとーえんさん。
とっても冷えてて、元気でましたわー!!!!

次は聖徳太子誕生の地の近くにある橘寺
20100917011.jpg
ちょっと高台にあって、良い場所でした!
お昼ごはんも食べる場所もあって、お弁当持って行くのも良いと思いますっ
上がって拝む事ができるので、脱ぎやすい靴推奨ですが、、まぁ~でも広いので大丈夫かと。

20100917025.jpg
橘寺からみた風景・・・空が限りなく続いていますー

上がって拝むとちょっと一休みになるし、気持ちも落ち着くしよいですね!
ココにあるのが、二面岩です。
20100917012.jpg
飛鳥時代のもので、何のために作られたかわからないそうです。
三面岩などもあり・・・面白かったですよ~

そこから、飛鳥川の横の旧道(昼間でも日陰ができてるので、夜とかは恐い道)で気持ちよく走り!
あまりに気持ちよくて、写真撮らなかった・・・
※1枚あったけど、ものすごいボケてた・・・www
もしかしたら祝日はすごい人なのかも知れなかったけど、平日は誰も居ませんでした!

いよいよ、石舞台古墳へ!
古墳時代っていうか、蘇我馬子のお墓だったらしいということですが・・・その前にお昼!にしようってことで。

a小姐が、調べておいてくれた農村レストラン「夢市茶屋」の「古代米カレー」を食べました!
村のお母さん達がやってるようなレストランで、良かったですよー
20100917014.jpg 20100917015.jpg
ミカンジュースも飲みました! ビタミン補給です
カレーもお母さんたちの味がして、美味しかったです。他にも定食みたいのがあるみたいですね
私たちが入ったときは、いっぱいでした!

そして食べ終わってから、いざ石舞台!の前に・・・古代米ソフトクリームっていう看板が目に入り
食べよーって!(笑)
疲れてたんでしょうね。甘いもの・・・は、別腹か!と、写真ありません!
撮り忘れたというか、すぐに食べちゃって!
しかもどんどん解けていくしーーーーということで、食べログ

私は古代米とチョコレートの2色に。友達は↑食べログに乗ってる明日香ルビーのイチゴのアイスを食べてました!
いちごの魅力に勝てなかったらしいーーー(笑)
ここのお姉さんが、またベタなひとで「はいー300万円いただきますー」
1000円だしたら「お釣り700万円!トラック一台!」と帰ってきました。。。久しぶりだ万円(笑)

そして、普通にアイスを持って石舞台へ。入場料とるのにビックリしたのですが・・・
やっぱり、亀石くらい素朴さが、よいなって思いましたが・・・
飲食禁止!と書いてあったのにもかかわらず、アイス持って入ってしまったので、
石舞台の近くに行く前に食べ終わるようにしました!!!
なんで受付で止められなかったんだろ・・・て、気がつけ自分達! 気をつけますーーー

20100917013.jpg
↑まったく大きさが分からない写真ですが、実際はすごく大きいです!

ここまで来ると観光客も沢山来ますが、祝日ほどではないそうで・・・
でも写真撮ってくださいませーのお声かけは、もらいました・・・はい。
で、「撮ってあげますよ」の答えに「お願いしますー」と言ったものの、朋友達が
石の裏側に行っているようで、見当たらず・・・結局一人で撮ってもらったという、、、
ダメですねー私っ。 ちゃんと朋友呼ばないと。
でも、その夫婦を待たせるのもなんだしなーとか思ったり。

やっぱりオシャレ女子たちが素敵なカメラ持って撮りにきてました。
それいこう、ちょいちょい姿をみかけたので、同じコースをほぼまわってました(笑)
山ガール風の洋服に、首からカメラぶらさげて!可愛かったな。

石舞台も中に入れるのですが、どこの石を取ったら崩れるか・・みたいな話になって、
すごく面白かったです。
パズルのように小さい岩が挟まっていて、絶対にとったら崩れるかもーって思いました。

そして稲淵の棚田のほうへ!
ほんとうなら、曼珠沙華の花が綺麗に土手を埋め尽くしてきれいだそうです!
(去年の写真をみつけました>>>MAPPLE観光ガイド
うわーすごいっっっ!

今年。。。。
20100917016.jpg
まだ咲いてませーーーーーーん(笑)
暑いからまだ全然咲いてない。ほんとはかかしロードの祭りの時も、この曼珠沙華が咲いてるんですね。
て、ちょっと時期がはやったのかしら?

お墓の近くいわゆる水田の近くに咲き、お彼岸の頃に咲くので・・・私はけっこうお墓を連想させるので、ちょっと苦手なお花なのですが、でも写真のような一面は見たことなかったから、見たかったけど、、
でも今回の、私の中だけの隠れテーマが「緑を見る!」「体の中の空気を入れ替える」には
十分すぎるほどの景色だったので、大大満足!でしたけど、、暑くて、、ちょっとバテ気味でした。

20100917017.jpg 20100917018.jpg
かかしロード!は手作りかかしが沢山。
趣向を凝らしたかかしがたくさんありましたよ。
て、テーマがあるみたいで、今年は「ふれあい」だったようです!!
そうだったのかー

毎年巨大かかしがあるようで、、、今年はせんと君でした!
遠くからでもすごく目立っていたので、とても大きかったですよー

橋の下では、村のおばあちゃん達が集まって、かかしまだ作ってるようでしたし
(お茶とかお菓子とかあって、楽しそうだった)
でも、やはり若い人はあまり見かけなかったです・・・

ちょっと若くても、精神弱的(←これは差別用語かしら・・・なんと言ったらよいのかな)なお嬢さんを、おばあさん3人が連れて歩いていて・・・
その後姿をみて、なんともいえない気持ちになりました。

そこから一気にまた石舞台まで戻り、、そして飛鳥寺方面へ。
a小姐よりちょっと時間がおしてるってことだったけど、、飛鳥寺には行きたいなーって話で・・・

坂のきつい岡寺と自転車を降りてちょっと登らなくちゃいけない、亀形石と酒船石は見ないで、飛鳥寺へ行きました。
この次また見に来ようっと!

飛鳥寺へ行く途中に、空にとんびが飛んでました。
20100917019.jpg
↑普通に撮ったので、遠いし、適当にとったから入ってないかと思ったら入ってた!
もっとすごく大きく見えたんですよーーーー
飛び方がかっこよかったー
こういうの、久しぶりにみたので、ほんと感動しました・・・しみじみ

20100917020.jpg
飛鳥寺到着! もっと大きいかと思っていたら、、意外と小さくてビックリしましたが本当は、もっともっと大きかったとのこと。
そして、国内最古の大仏様がいらっしゃりました。
鎌倉時代に落雷で消失してしまい、実際はお顔の一部と手しか残ってないとのこと。
それでも復元したのは古いものなのですが、、「バランスがちょっと悪いのよね」と朋友が言っていて、そうだなーって思いました。

ちゃんとお寺の人が説明してくださり、良かったです。
(入口でなんで待ってるんだろーって思ったら・・・人数たまるの待ってたようでした)
あっここもあがってお参りすることが出来ます。

20100917021.jpg
飛鳥寺付近の風景・・・いやぁ~ほんと空が広くて!

あとは、飛鳥坐神社とか甘樫丘展望台とか、猿岩(吉備姫王墓)などを見る予定でしたが・・・
16時の電車に乗らないと、18時のご飯の時間に間に合わなくなるーってことで、、飛鳥駅に向かって一目散に帰りました。

わき目もふらず道路ぱたを・・・ちょっと車がたくさん通ってて、恐かったね。
10分前に到着して無事に奈良へ戻りました!!

あれだけ走ったのにまだ見てない場所がたくさんあります。
キトラ古墳も今回はいけないと思ってましたが、行きたいと思うし、、、
大分距離感も分かってきたので、まだ分かるうちにまた行きたいです!飛鳥~

冬は寒くて山々も茶茶しちゃうけど、このような緑が生い茂ったときがよいですね!
紅葉より緑がよいかも~

奈良に戻って、ちょっとお茶しようかーって事になり
(ちょっとだけ時間があって)
で、ミックスジュースを飲みたい!と思って普通の喫茶店さがせどさがせどなくて、、、
フルーツジュース屋さんのミックスジュースを頂きました!

やっぱり関西に来たら絶対に飲まないと!
20100917022.jpg
美味しかったぁ~とのんびりしてたら、18時に予約したお店の時間になってしまい、ちょっと遅れる事を伝える。

今日はa小姐が予約を入れておいてくれた、釜飯屋「志津香」へ
20100917023.jpg
いつも行列でなかなか入れないお店とのこと。
注文をうけてから釜飯つくるから、時間がかかるためだと思われ・・・
私たちは、もうお料理を予約しておいたので、すぐ来ましたよぉー

釜飯の食べ方が書いてあり、おこげまで楽しめるということで、、
ほんとお茶碗4杯分ぐらいあったんですけど、たべちゃいました!!!!
おかずも美味しくて~~ 2200円でした! やすっ~(夜なのに)

おなかも満腹になり!東大寺の二月堂でやっている盆踊りへ歩いて・・・行きました。
十七夜に行われるこの盆踊り

毎月17日は観音様の縁日で、特に旧暦8月17日は「十七夜(じゅうしちや)」と呼ばれ、昔から、各地の観音霊場で様々な法要や催しが行われていたそうです。
東大寺の二月堂でも、毎年9月17日、堂内に万灯明をともして「十七夜」の法要と、二月堂下の広場で、河内音頭・江州音頭による「十七夜盆踊り」も開催されます。

歩いていける距離ですが、、東大寺ってこんなに広かったっけ??と思いました。

音は聞こえど、なかなか場所にたどりつけない!ってなんか凄かったです。
ほんと、音はすぐそこで盆踊りが行われてる感じだったのですが、行けども行けどもたどりつけず・・・
すでに20時すぎていたので、帰る人もちらほら。。。

やっとこさ到着ー 到着したときは、やっと~って思ったけど、
盆踊りをみたら、だんだんテンションあがってきて、歩いた疲れもふきとんできました。
まだもりあがってますぅー
20100917028.jpg 20100917026.jpg
↑真ん中の笹には「好日」と書いた白い団扇が飾られていて、それを中心として踊ります。
※私の近所は中央にやぐらがあり、そこに太鼓とかあって、そこを中心として踊るのに歌は、別のステージです。


[広告] VPS

↑動画

20100917027.jpg
↑歌手の人達。何人か河内音頭の歌手の方々が歌うのですが、、
10分ぐらい一人でうたうのですよ!
そして、a小姐の話によると、みんな学校で習うのだけど、崩しの踊り(やんきーおどり)もたくさんあるとのこと。
確かにみんな同じ動きをしてるわけではなく、オリジナルの人もいる感じ。
しかも動きが早くて、東京音頭のゆったりさとは、わけがちがう。。。
しかも前に進む動きだけじゃなくて、中央もありなのです
(フォークダンスなみの動き!!!!)
うわーこれは面白いー!!!!! とずっと見ていたかったのですが、
私は、灯篭にうつしだされた二月堂も気になって仕方がなく、、
盆踊りも最後の曲となりました!との合図に、二月堂へ

20100917029.jpg
階段両脇↑このように灯篭が・・・幻想的です。

20100917033.jpg
本堂にもずっと置いてあって・・・そして奈良の夜景も素敵でした~

20100917030.jpg
上からみた盆踊りの様子・・・

20100917032.jpg
灯篭はもちろん蝋燭の炎でゆらゆらと揺られています。
風もなくてすごく良かったです。

けっこうな人がいたけど、多分始まりの頃はもっと人がたくさん居たんだろうなーって思いました。
(法要時間)
9時になり、係りの人が炎を消してまわりはじめたので、帰りました。
20100917031.jpg
下りの階段も両側に・・・ここを下りていきます。

大仏様の本堂が音楽を反響させて、町中にとどろかせているのではないかな?とか思いました。
だから、大仏様から二月堂までけっこうあるのに、近くに聞こえた感じがして・・・

しかしかなり歩いても曲が聞こえてきていたので・・・最後と言ってから20分以上うたっていたような気がします。すごいなーーー
動画みつけたら、8分とかあったので、普通なんですね!
中村美津子の河内音頭

1日しか行われないお祭りの日に奈良に来ていて、行く事が出来て楽しく、有難うございました!
来年の旧暦8/17は何曜日なんでしょうかね??(笑)
このお寺の広場で行われるというのも、またさらに雰囲気を盛り上げていると思いました。

>>>同じ日に来てた人の素敵な写真ブログ発見!>>>コチラ

----
そこから、さすがに疲れたのでタクシーに乗って・・・a小姐は、JR奈良まで回り道してくれて帰ってくれました。
本当に、夜遅くまで有難うございました~~

そこからの私の行動は、、、昨晩と同じ・・
帰ってすぐにお風呂に入ることができず、、、ボーとして「うぬぼれ刑事」の最終回を見る。
さすがにお風呂に入って寝ないと!!と荷物整理しないといけなかった!と焦りバタバタして0時過ぎる。

そして翌日は広くて広くての平城京跡地へ!

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 明天会更好 天無絶人之路 all rights reserved.

プロフィール

chiko

  • Author:chiko
  • 独り言も独り言
    ・・・旅行大好き!応援してる明星中心に

    ※ブログ内文章画像の無断転載厳禁

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitte


LINK



sonywolkman

☆J&Y(jerry&you)☆
j&y
milkyway
sina
VANNESS
KEN
VIC
F4
F4



TONY







アースマラソン応援バナー



TOUR de France

リンク

このブログをリンクに追加する

LINK2





ブログ内検索