「新宿事件(新宿インシデント)」を見る

teaser_poster_090502.jpg
香港公式 日本公式
■導演:イー・トンシン
■主演:成龍、竹中直人、呉彦祖、加藤雅也、徐靜蕾、范冰冰、錢嘉樂、秦沛、林雪、連晉、高捷
■上映:2009年4/2(香港)
■時間:119分鐘

新宿で見ないで、有楽町で見ました。
有楽町はなんと5/15までしかやらないようなので、お急ぎくださいませ!
2週間って・・・確かに上映館数が多いので、怪しい!とは思っていましたけど・・・

さて、時間はあいていたとはいえ、やはり、イー・トンシン2本はキツかったです。
今日は、中華食べたくないね!って思ったほど(笑))) @だからイタリアンにした。

いつも、コメディ映画でしか出てこなかった新宿が、とってもリアルに描かれたいたこと。
不夜城って何?ってぐらい更にリアル感が出ていたこと。
知ってる場所が沢山出てきただけに、、、それがねぇ~
だけど、神戸でもロケしているようで、オール新宿じゃなかったみたいですね。
(荒川にオープンセット作って撮影してたって!!!! うわん)
20090502_sinnji.jpg半年ぐらい撮影してたようですけど、なんでこのメンバーに一人も会わなかったのでしょうか!?
すれ違ったりしてなかったのかなー
彦は無理としても、ガロちゃんや、林雪さんとか・・・ああ・・・ガロちゃんとかファンミしたのかなー
居酒屋ファンミとか・・・してみたい。(爆)

あと、、パンチの彦・・・これ必見!
パンチ姿に笑ってしまって・・・しかもすごく気の弱い青年の役でねぇ
コレが涙なんですわ。だけど、パンチ!!!(爆)
パンチって似合ってる人見たことないので、、、誰もが似合わないのかも・・・

日本人のキャストもすべてしっかりしていたので、違和感もなくて・・・よかった!
だからこそ、リアル感が増して・・・ただし、ジャッキーが逃げ惑うシーンは、、そこからジャンプして屋根に乗っかってしまうのでは?とか、期待してしまった自分がいますた・・・苦笑。

さて、映画感想。ネタバレあり!
↑にも書きましたが、何しろ竹中直人とか加藤雅也とかが、しっかり演技していたので、良かった。
彦祖やジャッキーの日本語も、聞き取れないってことじゃなかったし、シュー・ジンレイの日本語も頑張ってましたね。(髪型はどうかと思ったけど@昭和40年代じゃないし!)

まだ携帯もなくて、テレフォンカードの時代・・・ちょうど不夜城とかもそれぐらいの時期を描いていたと思いますが・・・
密入国した中国人のお話で・・・ジャッキーとシュー・ジンレイが幼馴染って設定なのですが、、ちょっと無理あったかなぁ~
ジャッキーあと10年若ければ!って・・・どうみても娘にしか見られず、彦と幼馴染で恋仲だったっていうのなら、良かったかも。

密入国者を捕まえるとき下水道で、溺れそうになった竹中を助けたジャッキー
そこから二人の交流が始まり、、、
加藤雅也の嫁になっていた、シュー・ジンレイを知る事によって、加藤雅也(日本の893)とかかわるようになったジャッキー。

悪い事をして得たお金で、組織ではなく集団としてお金をもつようになり、そして
彦の唯一の夢「天津甘栗の屋台をやりたいんだ!」をかなえてあげます。

つかーもーめっちゃ可愛かったですよ! 
「天津甘栗の屋台をやりたいんだ!」って目をキラキラさせながらいう彦祖が!!!!

しかし、気の弱さから、運の悪さを引き寄せてしまい、、彼はある事件を元に右手をなくし、顔に傷を負ってしまいます。

ジャッキーも加藤から、二人の人物を消してくれれば一帯を任せるということで、二人を消します。
(このあたり全然訓練されてない、中国の田舎でトラクターを運転してた人とは思えないほどの、俊敏な動きと、正確な動き・・爆))

そしてジャッキーは、彦に歌舞伎町をまかせて、自分はトラクター売りのまっとうな仕事をして、数年後・・・竹中直人から「華東組」という組織が 目をつけられているとジャッキーに言いにきます。

それは、筆頭がジャッキーで部下が彦祖・・林さん、ガロちゃんと言ったメンバー。
驚いたジャッキーは、行くと、パンク姿になった彦祖や、薬まで手をだし売るようになっていた仲間達。。

加藤雅也に敵対していた、中華嫌いのほかの893たちも襲撃を行って・・・凄かったです。
このあたりは、アクション監督をガロちゃんが行っていたので、、、安心して楽しめます~

最後、やっぱり気の小さい男だったとポツリと話して死ぬ彦祖・・・そして涙するジャッキー
私は、なぜかジャッキーの泣くシーンに感動してしまうのですよね・・・
なんか顔がグチャグチャになるまで泣いて・・・・その後、通常の映画ならば、反撃!なんですけど、
今回は逃げて逃げて逃げて・・・・

最後まで正義の心を忘れずにいたジャッキーですが、生活のためなら、ああいう悪い事しなければならなかったのだと・・・

そして本当にあの頃のあの街は、怖かったなぁ~と
(韓流ブームが来る前だから、、、立ち入り禁止区域だったよね)

現実にすぐ行ける街並みで、香港テイストな映画は、初めてだったので、心苦しさだけ残ってしまって、、、すごく重たい感じになりました。
受け止めきれてなかったところもあり。

しかし3年かけて制作されたという脚本は、細部までこだわりが感じられて、
多少デフォルメされてはいるものの、「こうだったんだよ」という事を知ってもらうのは、よい映画だったと思います。

昼間みた(門徒)彦祖とは、全然違って・・・やっぱり良い役者になったなぁ~としみじみですよ。
あっ、ファン・ビンビン!すごく綺麗でしたぁ~

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 明天会更好 天無絶人之路 all rights reserved.

プロフィール

chiko

  • Author:chiko
  • 独り言も独り言
    ・・・旅行大好き!応援してる明星中心に

    ※ブログ内文章画像の無断転載厳禁

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitte


LINK



sonywolkman

☆J&Y(jerry&you)☆
j&y
milkyway
sina
VANNESS
KEN
VIC
F4
F4



TONY







アースマラソン応援バナー



TOUR de France

リンク

このブログをリンクに追加する

LINK2





ブログ内検索