「僕は君のために蝶になる」を見る

20081026_Linger.jpg原題:蝴蝶飛(Linger)
導演:杜峰
脚本:岸西(アイヴィ・ホー)
出演:周渝民、李冰冰、林雪、尤勇、黄又南
2007年 88分
日本サイト 公式ブログ yahoo台湾(←写真いっぱいあり)

東京国際映画祭も今年は1本しかみなくて、なんかすっかり映画なんて~と思っていたら、先週土曜日から公開してました。
略して「僕蝶」・・・つかやっぱり見たら、邦題違うし。
君のために蝶になるわけじゃないんですよね~
普通に Lingerで良かったと思うのだけど・・・
ラブストーリーというには、色々違うことも入ってたし。

でも、すごく惜しい映画なんだけど、別に雰囲気とか嫌いじゃないのは、やはり贔屓目だからか(爆)
仔頑張ってたんだもん~

あとは、李冰冰ちゃんが、林雪さんの娘役だったてこと~
今回、公務員役ですごく良いパパしてますよ!
あとは、精神科医でロイ・チョン先生が出てたことが収穫!(爆)
この二人が出てくる&香港の街並みがちょっと出てくるとウキャってなりました。


だけど、だけど、香港の街並みでオール北京語はやっぱり辛かった。
李冰冰ちゃんの声は吹き替えみたいに聞こえたし(私彼女の実際の声知らなくて・・・)
20081026_linger3.jpg林雪さんとか吹き替え??
二人が北京語だったから、広東語で演技させたら力を発揮できなくなるってことで、北京語だったようですね(監督インタビューより)
苦労した価値があったよ!とはいうものの・・・しかし、仔が広東語を話しても、結局吹き替えになるようだったら、嫌だったので、、、、仕方がないですね。
←こんな香港ぽい景色で、北京語ってのがちょっとなじめなかったの・・・私。
この場所素敵です!! ああーやっぱり香港行きたいよぉ(爆)

さてて、アイヴィーづいている私ですが、彼女の最近の作品はやはりどこか香港では当たらない気がします(笑)
今回も、ジョニー・トウ監督が撮ったけれど、、、、でも台湾の女性監督が撮ったらどうだったのか?とか思うし。
そしたらもっともっと優しい感じなったかもなぁ
アイヴィーについては最近、台湾の香りを感じずにはいられないのは、私だけなんだけど!(爆)

仔はとっても良かったよーってやっぱり贔屓ですね

ネタバレ感想


20081026_linger2.jpg大学生の二人がつきあっていて、仔は李冰冰ちゃんの気持ちが分からなくて、その気持ちを知りたくて・・・事故にあってしまいます。
それから、3年後李冰冰ちゃんは、弁護士事務所で働いているんだけど、そこでシューという男の子弁護を頼まれます。(マギー・シュウのアシスタント李冰冰)
このシューってのが突拍子もないんだけど、どこか気になる李冰冰
一方、薬に頼ってきた李冰冰は、ロイ・チョン先生に言われて、薬をやめてみようと。。
すると、夜になると仔の姿を見る事が出来るようになって・・・

なんか、途中で軸がぶれちゃったんだよね・・・
で最後一気に軌道修正したんだけど、それがとっても惜しい。
なんか、アイヴィーは、素敵な題材を手に入れたけど、もうちょっと欲しかったって感じ。
というのは、李冰冰が「アイシテル」という言葉を言ってくれなくて、言ってほしくて仔は問い詰めた時に事故にあってしまうという設定なので、李冰冰に「君の気持ちはどうなんだ」と攻め立てるのは、間違ってないんだけど・・・

途中急に、仔のお父さんの話が出てきて、僕のお父さんは厳しいんだ・・・って。
李冰冰がなんで、また仔のお父さんをそんなに気にかけてきたのも突然だったし・・・
保護監察官と、仔のお墓に突然お昼行ったのも、ほんと突然すぎるエピソードでやした(笑)

シュウという男の子に、仔のお父さんを盗み撮りしてきてと頼み、その後シュウはお父さんと仲良くなり、同居することに。
お父さんは、同年代のシュウに、仔を重ねていたんですね・・・
その辺りのエピソードはとってもいいのに!なんか、導入がすっごい李冰冰と仔の恋愛のもつれからの事故で、、お父さんの事もくいが残ってるっていわれても、私にはちょっと納得できず。

お父さん役の尤勇の演技はやっぱりよかった!
ブレイキング・ニュースでも注目だったけど、、、病院で泣き出して息子に対して謝ったシーンなどは、涙涙。
だからこそ、、生前にもうちょっとお父さんとのエピソードがあってもよかったのでは?
生前シーンが短すぎるのも・・・映画も88分なんだから、あと10分ぐらい生前シーンあってもよかったと思う。

お父さんとのわだかまりも消え、いよいよ旅立つときが。
それが蝶なんですね・・・
だから、君のために蝶になるわけではなく、最後のお別れなんだけどな。。。

最後、最後に大学生に戻って、出会った頃二人の姿をみせて、李冰冰があの時どう思っていたか・・を聞いて、安心して旅立つんですけど・・・

そのときの大学生の回想シーンの仔がカワイイーってか、類を思い出しましたわ(バカ)
バスケット部のホープでミスキャンパスと付き合ってて、でも李冰冰ちゃんは好きになっちゃうんだけど、、意識しているうちに仔も気が付いて、付き合うようになるんだね・・・
そのシーンとか凄く良かったです!
なんか普通の大学生の役とか、最近は、見てなかったから・・・(重病の社長息子、小説家とか)
まだまだイケルやん!とか思ってしまった(笑)
バスケしてる仔もかっこよかったしね~(贔屓目やー)

李冰冰ちゃんは、痩せてますねぇ~その痩せてる感じがすごく病的な感じをかもし出していてよかったと思います。
だけど、、自分からすきになっておいて、付き合いはじめて「オレのこと本当に好き」って質問されて、はぐらかしてたってのは、、、どうなんだろうか・・・付き合ったらなんか違ってたって感じだったんだろうか。

幽霊物といえば、やっぱりセシリアとリッチーの「星願/あなたにもういちど」が名作中の名作だと思っているので・・あれぐらい泣かせてくれてもよかったかも!
・・・て今日のこの映画のテーマって・・・なんだったのかしらん?(←やっやばすぎる私)

comment

同感です

はじめまして。
いつも読ませてもらっていました。
私も先日この映画見てきました。
いや~感想が同じです。
とにかく映画に入り込めないんです。
なぜかなぁ、と見ながら思ってたんですが、香港の日常の映像に北京語なのが原因だったんですね。
主役が北京語ネイティブだから仕方ないのかもしれないけれど、違和感ありありでした。
まあ内容もこれがジョニー・トーって感じでしたが。
まあ仔仔が美しかったのでよしとしなければいけませんね。
またお邪魔させていただきますね~

ですよね・・・^^;

>まぎーさん
今晩は。初めまして。
拙いブログに、コメントありがとうございます!
また、ダラダラと書いた感想に付き合って頂きまして、ありがとうございました~

香港の風景に北京語ってこんなになじまないものだったのですね。
特に、李冰冰の巻き巻きには、、最初戸惑ってしまって・・・やっぱり香港は広東語なんだと、思いました。

ジョニー・トウが撮らなくてもって感じでしたよね。
女性監督の方が良かったと思います。

仔が良かったってのは、あくまで贔屓目なんですけどね・・・アハハ ^^;

よろしくお願い致します。

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 明天会更好 天無絶人之路 all rights reserved.

プロフィール

chiko

  • Author:chiko
  • 独り言も独り言
    ・・・旅行大好き!応援してる明星中心に

    ※ブログ内文章画像の無断転載厳禁

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitte


LINK



sonywolkman

☆J&Y(jerry&you)☆
j&y
milkyway
sina
VANNESS
KEN
VIC
F4
F4



TONY







アースマラソン応援バナー



TOUR de France

リンク

このブログをリンクに追加する

LINK2





ブログ内検索