中国映画の全貌2008 「パティシエの恋」を見る

20081024_ik.jpg原題:後備甜心
監製: 曾志偉   
導演: 盧弘軒,李明文(アンドリュー・ロー、モーリス・リー)
編劇: 潔明(テレサ・タン)
監督:脚本:テレサ・タン
出演:林嘉欣、鄭伊健、胡兵
2005年 94分

パティシエじゃなくて、シェフなんだけどね・・・
でも「シェフの恋」じゃーまぁ~分かりにくいけど、主役はカリーナでしょ。
もうちょっと、邦題なんとかならんのか~って感じだったけど・・・
エスプレッソがけっこうキーになっていた気もするので、
エスプレッソの苦い味なんかも使ってみてもいいかも知れないのになって。
結局ちゃんと見てない人がつけたりするのかなーって思ったり。

→伊さん。当時ポスター撮りと、本編との時間差があったのですね。
映画は髪の毛長いです!(爆)
あーなんかこのポスターの髪型も懐かしいな。

2005年ってちょうどスーにどっぷりはまって、台湾へ上陸中だったもので、香港映画とか全然見てませんでした。(VCD買ってまでという意味)
伊さんのこの頃の映画とか全然みてなくて、でも評判は聞いていたので・・・とっても楽しみにしてたのです!
しかーし、スーコンが終わりすっかり気が抜けて・・・うかうかしてたら、平日の夜の部が終了していて、、急いで、土曜日の朝イチに見に来ました。
>一緒に行こうと言っていた・・・M小姐!ゴメンなさい~

いやー初めていったですよK'sシネマ。新宿南口から行ったほうが早くてよかった・・・ホッ。
椅子も座りやすいし、綺麗だし。しかし・・・ちょっと回りの環境がね~ --;

さてこの映画UFO配給ってことで、、UFO・・・涙。
YAHOO香港では「《後備甜心》與UFO前作《小親親》和《安娜瑪蓮娜》同屬於都會式小品。編劇潔明之前曾為多部電影編寫劇本,包括愛情喜劇《孤男寡女》、《同居密友》及《六壯士》等」
ああ~好きなラブコメ映画ばかりじゃないかー
脚本家も王道ラブコメを書いていた脚本家なので、まー今思えば、そうよね!ッて感じ。
しかし、「孤男寡女」のような軽快さはなかった感じだし、同居密友よりは面白かったかな(爆)

今は香港映画ホラーばっかりってイメージがあるので、こういうラブコメあるのかなー
TVBの若手俳優をつかったラブコメとか・・・ジョニー・トウ先生の香港ノワールばかりもよいですが、やっぱり香港のラブコメは好きなので、、、なくならないでほしいなぁ。

感想

カリーナはイタリア店のやとわれオーナーで、シェフはエリック・ツァン。しかし、引退し後釜に連れてきたのが、イーキン。
最初は、お互い家は近いけど、良い感じではなかったのだけど、お互いの恋愛境遇を話すうちに、だんだんと打ち解けていきます。

さすが2005年!伊さまcanonCM全盛期だったので、デジカメでのシーンが沢山出てきましたね!
(最後のクレジットにキャノンの名前があったかどうかは見当たらなかったけど・・・)
ちょっと肌がボロボロだった伊さん。資生堂はこのころじゃなかったけ??(もっと古いか)
めがねも、前日の親密の眼鏡の方が似合ってました。(銀縁が似合うのね!)

カリーナはフービンと付き合っているのだけど、この人なにしろ浮気性。
本命がいるにもかかわらず、カリーナと付き合い、そしてニコラ・チャンと付き合いながらもカリーナとも手を切らない。
フービンは広東語を話してましたが、あれは吹き替えだったのか??
あまりフービンの声が分からないので・・・どっちなんだかなのでしたが・・・
なんか、かっこいいってより、顔が濃すぎてちょっと香港映画に向かないなーって思いました。

なんかやっぱりあらためて、かっこいい!イケメンの種類が香港て違うかもとか思いました(笑)
あと、カリーナが顔が小さくて、フービンの濃い顔がドドーンとあって・・・(爆)

カリーナは見えない犬の散歩をしていて、それをバカにしないイーキン。
このくだりも、ああ~懐かしやーって感じだけど、こういうところが香港ラブコメなんだよね。
ご都合主義。

フービンに本格的に思いを断ち切ったカリーナだったけど、イーキンもやはり彼女がもどってきたり、なんだりとごちゃごちゃ。
結局、すごいことに、彼女は本命の彼と結婚するんでウェディング・ケーキを作ってくれと頼みにくる。
イーキンの気持ちを確かめに来たんだねー
カリーナは出来ないというのだけど、結局二人で仲良くケーキを作って、そして、彼女へのプレゼントも一緒に買いに行く。
素敵なネックレスをみつけ、それをつけたカリーナを見てイーキンは、カリーナのこと好きに。
(このあたりのイーキンの表情がすごく良かったーーー)

てかネックレスあげるってどうなのーとか思ったけど・・・

配達しに行ったら、なんと花嫁はイーキンをのせて逃げることに。
しかし気持ちが離れているイーキンは、帰りなよ と。眼鏡かけてるのに、なぐられちゃって、鼻の部分が赤くなったイーキンがかわいかった!

カリーナの誕生日パーティが行われ、フービンが来て、「君しかいない」と言われるのだけど、カリーナと同じ日に結婚記念日だったエリック・ツァンの奥さんが亡くなってしまい、伊とカリーナは自宅へかけつける。

この時、かなり突拍子もない感じだったけれど、エリック・ツァンの奥さんへの思いの台詞は良かったです。
そして3人ですごく飲んで、プレゼントがあるんだとイーキンの家へ行く二人。
本当の犬をあげて喜ばすイーキン。
結局盛り上がる夜なんだけど、翌日カリーナはさっさと帰り、伊から何もなかったと聞かされるけど、完全に意識するように。

そして、セントラルのあのエスカレーターの所でフービンからまた誘われるのだけど、、結局断り、二人はハッピーエンド!でございました。めでたしめでたし。

香港でイタリアンなんていうと、伸びた麺しか思い出さない古い私ですが、今度はイタリアンなどもチャレンジしてみたいなーって思いました!

伊さんのシェフ姿はやはり萌えで、制服フェチにはたまらないかも
伊さんは、時折すべて同じように演技をしてしまうので、もうちょっと心の内面というか、顔に表現力を表してもいいかなって思ったりしました。(何様)
笑ったり、怒ったり、泣いたりもうすこし大げさでもいいかも知れぬ・・・

カリーナは逆に顔の表情がクルクルかわって、本当にかわいいっす。
なんか香港人みたいじゃないんだよねー雰囲気が。
恋愛に振り回されてしまう役柄てきには、カリーナ最適だったと思います!
(ジジとかケリーとか、サミーとか振り回されなくて、振り回しそうだもんね・・・爆)
こういう女優さんがもっともっと増えてくれるといいのになーって思いました。

94分なので軽くて楽しい映画。私が時折「孤男寡女」を見たくなるように、見たくなってしまう映画ですた。
※怒りとかそういうのをエスプレッソにぶちまけるってのは、「孤男寡女」のサミーの掃除と同じだね。
掃除は面白かった・・(爆)

comment

おお、ご覧になったのですね!
嘘っこのわんこ~Fluffyでしたっけ?名前(笑)
かわいいでしょ、あのシーン。
それと、ネックレスのシーンも良かったですよね~。

林嘉欣は日本人の血が入ってるんですよね!
だからちょっとフツーのホンコンヤンに比べて丸っこい?感じがするような・・・
そこが可愛いんですけどね!

そういえば、伊さんの彼女役(例のあの人)の新カレって、葉山豪くんだったんだ。
昨日、見返して思い出しました(笑)

>an-anさん
犬のシーンかわいかったです!
あと、ネックレスも!!
犬が車ではねられちゃって・・伊さんが助けるとことか。

>カリーナ
そうなんですね!そうですか、、だからちょっと雰囲気丸いというか、柔らかさが出てるという感じなのかな。
そこが私も良いと思います!

>葉山豪
調べたら2005年に三十路で、いまは33歳ですね。
お店のパートナーに逃げられたとブログにあったのですが、大丈夫でしょうか・・・
彼女と頑張ってほしいです・・・
思い出されてよかったです!(笑)

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 明天会更好 天無絶人之路 all rights reserved.

プロフィール

chiko

  • Author:chiko
  • 独り言も独り言
    ・・・旅行大好き!応援してる明星中心に

    ※ブログ内文章画像の無断転載厳禁

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitte


LINK



sonywolkman

☆J&Y(jerry&you)☆
j&y
milkyway
sina
VANNESS
KEN
VIC
F4
F4



TONY







アースマラソン応援バナー



TOUR de France

リンク

このブログをリンクに追加する

LINK2





ブログ内検索