「対決-巨匠たちの日本美術」を見る


この猛暑の中・・・午前中だけど上野の東京国立博物館まで見に行ってきました。
駅から遠いよぉ~ってほんといつも思う・・・マジで暑かったし。
並ぶかなぁ~と思ったらそんなことなくて、、でも中は混んでましたけど。

日本美術とか全然知らないので、これだけ巨匠が集まると初心者にはやさしい展覧会でした!
(その作者の代表作しか展示されてないから)
そして自分の好き嫌いもわかるし。やっぱり陶芸とかは全然ひかれなくて・・・
屏風の絵とかすごい良かったけれど、遠くから眺めることができなくて。
(人が前にいっぱいいるから)

狩野永徳とかも良かったけれど、やっぱり一番楽しかったのは、江戸時代の巨匠達の作品かな。
伊藤若冲と曽我蕭白というふたりの対決で、蕭白の屏風絵がすごくて!
それまでの人達は、屏風の空間も考慮して全部に絵を配置しないのだけど、蕭白は隅々まで描いてそして絵の雰囲気も面白くて・・・なんか信長と一緒で、生まれる時代間違えたのでは?と(笑)

あとは、円山応挙と長沢芦雪(ながさわろせつ)の虎対決も面白かった。応挙の虎は猫なんだけど(当時虎見たことなかったらしい)その毛なみがすごくて・・・ぜひオススメ

それから、円空と木喰の木彫り仏像対決も面白かった。円空って、テレビとかみてるとなんか簡単そうだし~とか思ったのですが、本物みるとやっぱり手をあわせたくなるようなオーラがありました!(笑)
また木喰も、晩年は、木の実だけをたべるという修行をしながらも、仏像を彫り続けて・・すごく優しい木彫りの仏様でしたよ!(おもしろいのもあり)

最後に横山大観先生の富士山でおわるのですが・・そーですよね~という感じで。迫力ありました。

さて、今回、現代美術で有名な山口晃さんが、それぞれの巨匠の似顔絵を書いているのですが、それがまたなんともわかりやすく、特徴を捉えていてかっこいいです!
で、その巨匠達を缶バッチにしたガチャガチャがあり!
私は、子犬の書いてある円山応挙が欲しくて、、、チャレンジ!4回目で出てきましたー
出てきた缶バッチは、写楽、写楽、鉄斎、応挙 ・・・運をつかってしまったか??? どよーん。

『対決 ‐ 巨匠たちの日本美術』のすべてを楽しむ公式ガイドブック (ぴあMOOK)『対決 ‐ 巨匠たちの日本美術』のすべてを楽しむ公式ガイドブック (ぴあMOOK)
(2008/07/05)
不明

商品詳細を見る

↑この本面白くて購入。分かりやすく、面白く解説してありますー

俵屋宗達と尾形光琳の「風神雷神」の屏風はラスト1週間しか展示されないので、そこが必見かも!

comment

日本美術~♪

「大人のウォーカー」7月号で、見ました。
対決仕立てになってて、超初心者の私もひきこまれました。
本でもおもしろかったので、きっと実物を見たら、もっと実感的に体験できて、おもしろそうですね~。
応挙のトラはどこかやっぱり猫っぽくて、実物興味があります(*^^*)

お返事遅くなりました!

>shinokaさん
お返事が大変遅くなってしまってごめんなさい!
対決は、ほんと初心者に分かりやすくてよかったです!
やっぱり、実物は、絵の大きさに圧倒されるものもあるし、見比べたりできるので良いですね!

応挙のトラは猫でした。でも毛並みが本当にすごく細かくて・・・フワフワしてました(笑)
大阪は、京都近代とか、時折日本美術のすばらしいの開催しますよね!

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 明天会更好 天無絶人之路 all rights reserved.

プロフィール

chiko

  • Author:chiko
  • 独り言も独り言
    ・・・旅行大好き!応援してる明星中心に

    ※ブログ内文章画像の無断転載厳禁

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitte


LINK



sonywolkman

☆J&Y(jerry&you)☆
j&y
milkyway
sina
VANNESS
KEN
VIC
F4
F4



TONY







アースマラソン応援バナー



TOUR de France

リンク

このブログをリンクに追加する

LINK2





ブログ内検索