「闘茶」』を見る

20080721_zai1.jpgオフィシャル
↑人物紹介もない・・・1枚ペラの公式HP・・でやる気のなさ伺える?
ウソウソ。
とにかく! 仔が日本人俳優とガッチリ芝居組んでやる映画ってことで、ちゃんと見に行きましたよ!
まだ、ジョニー・トウ監督の映画も日本で公開されてないので、
実はこの映画が、仔の映画、日本初公開になるのではないでしょうか?

・・・・だのに~なぜ~♪(←この歌知ってる人は歌ってみよう!)
とりあえず監督が台湾の監督なので、カテも香港・台湾映画に入れました。
監督はあの『エドワード・ヤンの恋愛時代』で主人公やった人らしい。
(この映画みたような見てないような・・・あんまり覚えてない)
で、脚本家が日本人。プロデューサーも日本人っていうまぁ 合作といえば合作ですが・・・

1000円でも眠くなっちゃう映画デス。
飲み物しかなかったので、、なんかポリポリ食べながら見てないと、ウツラウツラ(★´-ω-).。oOO しちゃう・・・

↓とりあえず感想やっぱりこれは脚本が悪いと思う。
結局、最初の企画のネタは面白いのに、それを膨らませるコトが出来なかったこと。
あと、日本人親子だけに焦点を絞ればいいのに、台湾の二人の俳優にも色々エピソードをつけなければならず、ぐちゃぐちゃになってしまったと思う。

どっちかにすれば良かったと思うのよ。
京都の女子が、台湾にお茶を求めてやってきて、闘茶に巻き込まれるだけでよかったのでは?

仔とチュンニンちゃんのエピソードはそれはそれで別でちゃんと丁寧に描いて欲しかった。
古い言い伝えの部分がアニメで紹介されて、私は寝てしまい・・・
仔の声がする~~~~と思って急いで起きました(笑)

「闘茶」とは自分自身と闘うこと、それは勝ち負けはない!
・・・これだけでした。だから?(爆)

台湾の景色とか淡水の景色とか、行きたいなぁ~とすごく思ってしまいました。
チュンニンちゃんは魔性の女性が出来るなぁ~と。彼女は演技において、表情がクールなので、冷たい役が似合っていますね。

香川さんと戸田さんは、、二人の演技が息があってないために、なんか親子っていってもちぐはぐな気がした。
お茶屋で「おやじ」と呼びながらも茶道をする戸田さんの役柄も「?」だし。
(茶道って礼儀作法もすべて含まれるはずなので、「おやじ」とか呼べないはずだと)
とにかく、戸田さんは関西弁の台詞で香川さんがそんなに関西弁じゃなかった気がします。
だから、ちょっと気持ち悪い感じが。
戸田さんは、もうちょっとみんなと呼吸をあわせる芝居をしたほうが・・
今のままじゃ、ガラスの仮面のマヤ@初期の演技ですわ。@目立つだけ←私は何様?

仔は、ブルーの洋服ブルーの髪型というなんで監督さん!そんな変なイメージにしちゃったのよ!って感じでしたが、でもかっこよくて素敵でした。
時折「そんな演技指導されたの?」って感じの芝居もあり・・・私がアワワアワワしちゃう所もありましたけど、とりあえず、贔屓目なので・・・(笑)
お茶を入れる所とかすごーくかっこいい手の作法というか・・素敵でしたね!
あと、旭さんより仔のほうがチュンニンちゃんお似合いだなって思いました(笑)

しかし眠たかったなぁ~席を立つ人も多かったデス。
私も途中お菓子買いに出ようかと思ったくらいでした・・・とほほ。

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 明天会更好 天無絶人之路 all rights reserved.

プロフィール

chiko

  • Author:chiko
  • 独り言も独り言
    ・・・旅行大好き!応援してる明星中心に

    ※ブログ内文章画像の無断転載厳禁

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitte


LINK



sonywolkman

☆J&Y(jerry&you)☆
j&y
milkyway
sina
VANNESS
KEN
VIC
F4
F4



TONY







アースマラソン応援バナー



TOUR de France

リンク

このブログをリンクに追加する

LINK2





ブログ内検索