お芝居感想4本書くぞ

詳しくはのちほど書くけど、★数だけ。
シダの群れ 純情巡礼編★★★☆☆(堤真一と風間もーりーがいるから)

帝国劇場ミュージカル「ルドルフ ザ・ラスト・キス」★★★★☆
http://www.tohostage.com/rudolf/(リンクは8/31まで)

GACKT主演の舞台「MOON SAGA 義経秘伝」★☆☆☆☆

大人計画「ふくすけ」★★★★★★★★ ←やりすぎかwwでも良かったんだもーん

--------------
あと香港映画 盗聴犯~狙われたブローカー



プロペラ犬「ネガヒーロー」を見る

20120127_nega.jpg■作出:水野美紀
■演出:入江雅人
■出演:オクイシュージ、福本伸一、池谷のぶえ、前田悟
■CBGKシブゲキ!!
■公演:1/20(金)~1/29日(日) 
■観劇日:1/27(金)
■19:30-21:45
■5500円

下記は、忘れないように書いた感想の箇条書き。
ここからきちんと書こうと思ったけどやめた。

ただ、情熱大陸みてからちょっと感想変わったので、それは下に書く

-----------------
・根がヒーローだった ネガティブヒーローだと思った
(根っからのヒーローなのだ。ネガティブヒーローのほうが面白かったのでは?)

・入江さんの演出はひどい。最初はほんとにどうしようかと思った。
・水野さんの脚本も、もうすこしなんだけど・・バカやるには、もっとバカにならなくちゃならないのだ。

・サモアリのガッツ団を知らない人がみると、楽しめる。知ってる人がみると、その中途半端さに泣けてくる。倉森勝利は本当にすごかったと改めて思う。

・オクイさんひとりにひっぱってもらってるには無理がある。
・池谷さんが平田敦子さんだったらもっと良かった(サモアリになるけど)

・福本さん、前田さんも良かった

・水野さんはもう少し捨てないと難しいかも。あれだけ出来るなら、野田や蜷川での芝居がみたい。
・アクションシーンも本格的ですごかった。バカなのか本気なのか、気持ちが追いつかなかった。

・わりと他のひとの評価が高いのが気になる。私がだめなのか???

・CBGKシブゲキ!!は、シートがふかふかで背もたれも長くてよかったけど、お隣の人と近い&前も狭い。
中央のブロックの中央になったら、遅刻できない。

・前半の、ももたろうのシーンと、足立区の主婦のシーンはいらない。
レッドが出てくるための付箋なのかどうだか、分からないけど、別にあんなシーンなくてもよい
なんで入れたんだろ。

・足立区を強調しすぎで、足立区に住んでる人は不愉快になるのでは?
(ちゃかしかたが、ちょっとなぁ)←良いところをもう少しいったほうがいい

大の大人が真剣に、戦隊ものやって、町の平和を守るって面白いのに、、
どーしても、あと一歩だった。

レッドがくじけちゃったり、すごい狭い部屋に住んでたり、肺気胸になったりとオクイさんぽいキャラは良かったと思う。

「何も考えずに見に来てください」とツイッターに書いていたオクイサンの言葉をもっと早く聴いておきたかった。

というか、前情報を入れないでみたいので、前情報が必要な芝居はいやだー!!!
そして、バカを扱ってるならなおさらだ!

read more...

「90ミニッツ」を見る

201112_90mini.jpg■日程:2011年12/3(土)~12/30(金)
■パルコ劇場
■作・演出:三谷幸喜
■出演:西村雅彦、近藤芳正
■上映時間:19:00-20:30
■8000円
■観劇日:12/16(金)
パルコ

三谷さんの5三谷幸喜生誕50周年スペシャル「三谷幸喜大感謝祭」のお芝居部門について、全然祭りにのっかってなかったなぁ~と思い。
友人には申し訳ないと思いつつ、平日一人でチケットをとったら、ぴあ先行でなんと取れた。
奇跡。

久しぶりにパルコ劇場へ行った。
ほんと、何年ぶりだろうか。
行きたくても、行けないパルコ劇場プロデュース
チケット代も高いしね。
コクーンの見たい芝居と重なると、それは無理だったり。

でも今回は、この二人芝居ということで、絶対に見ておきたかった。

三谷さんの芝居は、これもまぐれでとれたシアタートップスでの最終公演「returns」(2009年)以来ということで・・・恐ろしく久しぶりでした。

劇場内は、若者というより、妙齢の方が多く、またまた大人な雰囲気でした。
席は後ろのほうでしたが、別にどこか見切れるところもないので、逆に近くじゃなくて
更に客観的に見ることが出来たように思えました。


今回のテーマは、パルコのHPにも書いてあるように「倫理」でした。
それぞれの、それぞれの立場から、ひとつのことを譲らない男達の掛け合いでした。

西村さんは、テレビでは三谷さんの脚本だと古畑に出てくるようなキャラクターにされちゃうけど
お芝居では、わりとしっかりとした偏屈な男にしたてあげられるなって思います。

近藤さんはいつもソツなくその役柄をこなしてる感じが・・・
(私にとって西村さんのキャラクターの方が思い出に残ることが多い)

今回は、外科医部長の西村さんと、息子が交通事故にあい病院に来た父親を近藤さんが行いました。

ネタばれ感想
read more...

嵐のワクワク学校 へ行ってきました

20110626160116.jpg■嵐のワクワク学校
■6/26(日)
■17:00-19:30
■4000円
■東京ドーム

-------------
今回本来ならばドームコンサートだったはずなのに、節電やら色々な関係で、急遽イベントになった嵐さんのドーム。

なぜ私にチケットがまわってきたかというと、
どうやらコンサートが当たらなくなるらしいってことで、
応募が少なかったらしく!
応募した人は、かなりの確立で当たったらしく!

らしくらしくですみませんが、まーそんなこんなで行きました。

ただ、初嵐さんだというのに、お一人様席でかなり心細かったですが
まーはじまってしまえば、別におしゃべりしながら見るわけでもないので、、
楽しく見ることができました。

真ん中のアリーナは人をいれないで、ぐるりと客席だけ。
空席もなく!(すごい)

久しぶりのジャニーズを堪能してきました~♪
※あっそういえば、5月にTOKIOのコンサートも行ったんだった・・・

以下、メモによるレポなので、かなり間違った箇所があるかもです。
雰囲気をお楽しみくださいませ!
read more...

ミュージカル「ファントム」を見る

20111116_phantom.jpg「ファントム」
■2011年11月16日
■赤坂ACTシアター
■19:00~22:00/休25
■作アーサー・コピット&モーリー・イェストン
■演出・台本 鈴木勝秀
■翻訳:伊藤美代子
ファントム(エリック)・・・・・・大沢たかお
クリスティーン・ダエー・・・・・杏
フィリップ・シャンドン伯爵・・・海宝直人/古川雄大
カルロッタ・・・・・・・・・・・樹里咲穂
ゲラール・キャリエール・・・・・篠井英介

前回の感想 2008年2月青山劇場
てっきり去年のことかと思っていたのですが、なんと一昨年のさらに2月でした!
(lll ̄□ ̄) 本当に時がたつのは早いです。

再演があるのよ!と朋友にお誘いいただき、再び今回も前から2列目という良席で観劇。
前回・・・申し訳ないですが、ものすごくガッカリして・・・どうしたのよ!鈴勝!(演出家の愛称?)と思わずにはいられなかった舞台を、再演!
ある意味チャレンジャーではないでしょうか?ということと、麗しきフランス貴族の衣装をまとうたかお様を見に行ったのでした。

・・・・もうすぐ到着するね!と私がメールして
朋友からのメールの返信
「私ももうすぐサカスに到着するよ」
・・・・サカス????
私の居るここはどこ?
ここは、青山通りと骨董通りの交差点の付近・・・
まーちーがーえーた
めちゃ焦りました。
初演同様、青山劇場でやるとてっきり勘違いして、チケット確認したら赤坂!!!!
ギャボー!電車じゃまにあわん!ってことで、タクシーで青山とおりを飛ばしてもらいました。
無事到着・・・ホッ。しかし痛い出費でした。

前から2列目といってもオケピがあるので、前から5列目あたりで下手でした。
(今回も下手でしたが、けっこう下手にむかって大沢さんが芝居をしてくれるので、、よかった)

前回の感想で出演者↓が書いてありましたが
ベラドーヴァ(映像出演)・・・・・姿月あさと
今回はありませんでした。

今回は演出もすっきり、とっても分かりやすい展開になっており・・・
そして大沢さんもこの「ファントム」という役柄を、自分のものになさってましたよ。


read more...

2010年9月「シダの群れ」見た感想

20100905_shida.jpgシダの群れ
■2010/9/5~29
■Bunkamuraシアターコクーン
■作・演出 岩松了
■出演 阿部サダヲ、江口洋介、伊藤蘭、小出恵介、江口のりこ、風間杜夫ほか

今更すぎて・・・書くのも悩んだぐらいだったのだけど、でも見たことを記録する役目もあるブログなので、覚えている限り書こう。

朋友が阿部サダヲを見たいということで、とったチケット。
私も、昔竹中直人さんの舞台で岩松了の世界を堪能したぐらいで(本多劇場)あとは、テレビの時効警察とか・・・ああいう雰囲気の岩松了の世界という認識程度で。

大好きか?って聞かれると、嫌いじゃないっていうぐらいの感じで・・・
あまりに普通に展開されるから、おおきな波とか正直ないのが、最近は心地よいのですが・・・

今回はあまりに役者の力量の差がつきすぎちゃって、それが目立った舞台だった気がする。

とにかく風間さんと一緒に舞台たってみよ!と思った江口洋介に乾杯。
すごい自信だね。・・・てやっぱり台詞も少なくて・・・そうそうに舞台からはける役でした
(ムショから出てきた兄貴)

子分が阿部くん。若頭が小出君。 組長の次ぐらいに偉い風間さん。江口の母が後家の伊藤蘭
まっこんなところで。

1場面ですべて事務所の中という、そこで入れ替わり立ち代り人が変わって、話が展開していきます。
やはり、ここで上手というか、安心してみられたのは、風間さんと阿部さん。
二人のかけあいや、一人で台詞喋るところとか、良かった。
江口さんは、なんとかついてこられてたなぁ(←言いすぎか、、すみません)
若頭の小出君は、まぁーあのまんまって感じで。

でも、ナイロン100℃の扱いよりもずっとよくて、やりやすそうだったな。
しかーし、サラリとした演技がねぇ~もっとねっとりして欲しかった。

一番空気よめーとなったのは、伊藤蘭さんかな。
すごく姐さんぶりを出していましたが、彼女がしゃべると、すごくテンポが崩れてしまって・・・
ひとり浮いているような気がしました。

内容は、一家の抗争というか、、後家の息子の江口と、本妻の息子の小出君のどっちが組●になるかーってのと、そこにカラム弟分・・・他ところとの抗争とか・・・

結局本妻の息子が組●になっちゃんだけどね・・・
で、江口さんに激的な最後がまっているかと思えば、なかった気がする。
というか、あまり印象にない。

二ヵ月後に感想かいて一番思い出すのは、やはり風間さんと阿部さんの演技だけだ。
岩松先生の作品は、やはりもうちょっと濃い役者が揃っているときにまたみたいなあ

NODA・MAP「ザ・キャラクター」を見る

nodamap2.jpgNODA・MAP
第15回公演「ザ・キャラクター」

■6/20(日)~8/8(日)
■東京芸術劇場 中ホール
■19:00~21:15
■S9500円

■作・演出・出演:野田秀樹
■美術 堀尾 幸男
■照明 小川 幾雄
■選曲・効果 高都 幸男
■衣装 ひびの こづえ
■振付 黒田 育世
■出演:宮沢りえ、古田新太、藤井隆、美波、池内博之、チョウソンハ、田中哲司、銀粉蝶、橋爪功、他アンサンブル40名

夏の連続観劇週間・・・最後の作品はNODA・MAP!
今回も何も聞かず見ざるで行きました。
最近の野田さんの作品は社会風刺が根底にあって、ああ~深いなぁ~という感じだったのですが、今回は、本当に直球の深さ爆発な作品でした。

特に学生に見てもらいたい!とパンフレットに書いてあったのですが、、分かるかなぁ・・・
でも、集団心理とかそういうのは、分かるかも。
とにかく、私の夏の観劇コースを締めくくるには、とても良かったです。
※前作2作品が、私のなかで納得いかなかったから、、、

とにかく今回は40名のアンサンブルも良かった。
この黒田育世さんという振り付けの方も良かった!
(私が、芝居とか積極的にみなくなった頃から頭角を現してきたダンサーみたいです)

て、こんなに大勢の舞台なのに、またもや良席だったんですよーーー
りえちゃんもガンミできる位置。・・・とほほ。
だから、余計に、芝居の下手な人は目だって仕方がなかったのだけど、、、

ネタばれありの感想
read more...

ナイロン100℃ 「2番目、或いは3番目」を見る

ナイロン100℃
「2番目、或いは3番目」

■2010/6/21(月) ~2010/7/19(月・祝)
■会場:下北沢 本多劇場
■6800円
■作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
■出演:小出恵介/谷村美月/緒川たまき/マギー
犬山イヌコ/みのすけ/三宅弘城/峯村リエ/大倉孝二/松永玲子/村岡希美/藤田秀世/長田奈麻/喜安浩平/白石 遥/伊与顕二/斉木茉奈
■19:00~22:20(休憩15分)

6/27(火)観劇。
芝居が続いてるなぁ~偶然なんですが、、、
ナイロンが25周年記念って事で、芝居のDMに切々とケラの言葉が書いてあり、見に行ってみるかと思い立って、、、
何年ぶりかにナイロンの芝居を見に行きました。
実に10年は見に行ってないかも? なわけないか・・・
しかし、前作がなんだったかもすっかり忘れてるし、キューブが取り仕切ってる時代には、見に行ってないので、軽く5年は見に行ってないかもね。
まー1年に2,3本しか芝居を行かなくなってしまったので、だと思うけど。

サッカーワールドカップ日本代表試合の日にちょうどあたってしまい、なんとも・・・でしたが、満席の本多劇場より、
前から2列目下手方面という、まったく良席なんだか、じゃないんだかという場所で見てきました。

とにかく3時間という芝居は長すぎる。
だから、3時間だから、2人芝居を何パターンも見せられた芝居展開でした。
ゆえ、後半1時間以上も出てこない人続出wwww

ケラ演出ってこんなんでしたっけ???
read more...

「アット・ホーム・アット・ザ・ズー」 を見る

「アット・ホーム・アット・ザ・ズー」
第一幕「ホームライフ」 第二幕「動物園物語」

■2010/6/17(木) ~ 2010/7/19(月・祝)
■会場:シアタートラム
■7000円
■劇作・脚本:エドワード・オルビー
■演出:千葉哲也
■翻訳:徐賀世子
■出演:堤真一 / 小泉今日子 / 大森南朋
■19:00~20:50
--------------------
現代演劇界に君臨し続ける劇作家エドワード・オルビー。
「動物園物語」でのセンセーショナルなデビューから半世紀。
今なお戦慄を禁じえない2人芝居の傑作「動物園物語」に、自らの手で新たに「前編」を執筆。「第1幕:ホームライフ+第2幕:動物園物語」から成る2幕物芝居「At Home At The Zoo」を誕生させた。
--------------------
こんな肩書きなんぞ全く読まずに、6/25(金)に観劇。
1週間たっていたので、大丈夫だと思っていたのですが、、、、

場所は先行でとったこともあり、上手側というか、コの字舞台だったので、コの縦棒下手側って感じです(笑)
周りはつつーんファンの妙齢の女性ばかり。安心(笑)
久しぶりに行ったら、冷房も効いてたなぁーってどんだけ芝居行ってないのか!

しっかし、2人芝居というのに凝った舞台装置。・・・・ありえない。
と、、正直毒はきまくりの舞台感想
read more...

国産第1号「安心」を見る

国産第1号
■「安心」
■offoffシアター
■3月6日 19:30~21:30
■脚本・構成・出演 オクイシュージ
■脚本・出演 わかまどか
■出演:清田正浩、市岡拓、井出規愛、阿部翔平 

昔からよく見ている劇団サモ・アリナンズの名づけ親・・・昨年テレビ東京にて「美しい男」という松尾スズキといっしょに番組を作っていたオクイシュージさんが、今回自らのプロデュース劇団「国産第一号」という劇団を作って公演を行いました。
まさかのオフオフシアター。
久しぶりに下北沢のお芝居!
オクイさんの書く芝居は結構シュールなものが多くて、昔はあまり理解できないところもあったけど、今回は、最後にテーマが明確にされて、わかりやすかった。
だけど、ひとえに、オクイさんとその他の人たちの役者としてのオーラとか技術の差が凄くて、ちょっとバランスが難しいなーと思いました。

さくっとやってるサモ・アリナンズのメンバーは凄いなーと感心。
お客さんもやっぱりオクイさんが台詞言ったり、すると一気にそこに空気が集中するのが分かって。
うーん一人輝きになってるのがちょっと惜しかったかも。

わかさんとか別に嫌いじゃないんだけど、やっぱりもうちょっと化粧するとか、化けちゃったほうが良かった気もするし・・・

話は、一人の男の「悪意のない罪」←違ってるんだけど、思い出せない!昨日の事なのに~
「無意識における悪意」・・・自分は悪意をもっていないけど、
無意識で、それがきっかけで、人生が狂ってしまう人たちがいるという。
矛盾の家という告白ハウスを通じて、どんどんとその男と他が関わりがあることが分かっていくというものでした。

5人が織り成す関係が、面白かったけど、やっぱり役者の力量がなー
オクイさんを見たかったけど、オクイさんの役は、他の役者と同じくらいの力量をもった人でも良かったかもしれないと・・・

オクイさんは、やはり小松さんとか久ヶ沢さんとかの力量の人達とやってこそさらに輝きがますものだと・・・
でも、芝居をやりたいと思って、やってくれるオクイさんがうれしいです。

ブログを読んでると、本音かどうかわからないけど、弱音とかそういうのが分かって今回この芝居をみるににあたってもそういうなんか、母心みたなのが最初にあったので、客観的に見るというのは難しかったです。
眠れない、食べられない、・・・そういうことが書いてあってね

でも芝居みると本当のオクイさんかどうかちょっと分からないんだけど・・・・
だけど、やっぱりこの人好きだなーっていう思いは変わらないので、またやったら行くと思います。

しかーし小松さんとかと芝居してほしいなぁーーーー

オクイシュージブログ
copyright (c) 明天会更好 天無絶人之路 all rights reserved.

プロフィール

chiko

  • Author:chiko
  • 独り言も独り言
    ・・・旅行大好き!応援してる明星中心に

    ※ブログ内文章画像の無断転載厳禁

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Twitte


LINK



sonywolkman

☆J&Y(jerry&you)☆
j&y
milkyway
sina
VANNESS
KEN
VIC
F4
F4



TONY







アースマラソン応援バナー



TOUR de France

リンク

このブログをリンクに追加する

LINK2





ブログ内検索